鶴岡カトリック教会天主堂

鶴岡カトリック教会天主堂

鶴岡カトリック教会天主堂。明治361903)年、ダリベル神父の寄付で庄内藩家老屋敷跡に建設。赤い塔屋(高さ23.7m)が目を引く白亜の殿堂。設計は日本の教会堂を数多く手がけたパピノ神父。ロマネスク様式教会建築の傑作として国重要文化財に指定。これからも地域一丸となって守っていきたい。

 

Catholic Tsuruoka Church

お知らせに戻る