鶴ヶ岡城址

鶴ヶ岡城址

鶴ヶ岡城址。伯爵酒井忠良書。令和312月、山形地方裁判所鶴岡支部付近の道路整備工事で約30個の金峯石群が出土し、鶴ヶ岡城跡の馬出と思われる遺構が確認された。馬出とは虎口(城の出入口)前に敵をひきつけ、城兵との挟撃を狙う攻撃型防御拠点。お城も攻守のバランスが重要。城址を守りたい!

お知らせに戻る