旧西田川郡役所(国指定重要文化財)

旧西田川郡役所(国指定重要文化財)

鶴岡のシンボルの一つといっても過言ではない国指定重要文化財旧西田川郡役所。明治14年5月に完成し、同年9月の明治天皇東北御巡幸の際は行在所(ご宿舎)になった。外観は均整のとれた意匠の擬洋風建築。その高さは20メートル!何となく、『文明開化』の音がする… ような気がするのである。
お知らせに戻る