刮目して相待すべし

刮目して相待すべし

致道博物館は本日から休館。新年は15日(木)から開館。『士別れて三日なれば即ち更に刮目して相待すべし』という言葉がある。努力をしているものは三日もすれば大いに成長しているもので、次に会う時には注意してみなければならないという意味。年末年始休み明け、まるで別人のように成長していたい。

 

Chido Museum

お知らせに戻る